鈴木翔太投手【中日】の移籍先の候補は?年棒推移や成績推移や現在の実力も

鈴木翔太投手について書いていきます。

鈴木翔太投手は2013年に中日ドラゴンズからドラフト一位で指名され、将来のエース候補として大きく期待をされた選手ですね。

しかしながら、鈴木翔太投手は、2020年オフに中日ドラゴンズから残念ながら戦力外通告を受けられ、移籍先を探すことになりましたね。

鈴木翔太投手の移籍先に関する情報や、年棒や成績の推移などについても注目が集まっているので取り上げていきたいと思います。

鈴木翔太のプロフィール

出身地 静岡県浜北市(現・浜松市浜北区)
生年月日 1995年6月16日(25歳)
身長
体重 183 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2013年 ドラフト1位
初出場 2014年6月17日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
聖隷クリストファー高等学校
中日ドラゴンズ (2014 – 2020)

鈴木翔太投手は、小学一年の時から野球を始められました。

初めはショートを守っていたようですが、小学五年の時にピッチャーに転向をされました。

中学は北浜東部中学校に行かれ、浜松シニアに所属をされ野球をされました。

野球の才能も徐々に開花され、3年夏の時には県大会準優勝を経験もされました。

高校は、聖隷クリストファー高等学校に進学されました。

1年夏からベンチ入りを果たし、二年の時はチームを初めての県大会ベスト4に導く活躍も見せられました。

3年夏は菊川南陵高校に敗れてベスト8に終わり、甲子園出場はならなかったようです。

そして、2013年のプロ野球ドラフト会議で中日ドラゴンズからドラフト一位指名を受けて契約金8,000万円、年俸720万円の条件で入団を果たされました。

背番号はエースナンバーの18でしたので、中日ドラゴンズから凄く期待をされていたことが伺えますね。

鈴木翔太投手【中日】の移籍先の候補は?

鈴木翔太投手の移籍先の候補について注目が集まっているので調べてみました。

鈴木翔太投手の移籍先についてですが、阪神タイガースが鈴木翔太投手の調査をしているという報道がありました。

ですので、阪神タイガースに行くかもしれませんね。

阪神タイガースは中継ぎ投手を探しているようで、鈴木翔太投手が阪神タイガースに行けば中継ぎ投手としてプレーをされるかもしれません。

鈴木翔太投手は、凄く素材が良い選手ですので、環境が変わって自分にピッタリと合う環境に行けば大化けする可能性もあると思います。

今年ロッテに移籍をされた澤村拓一投手が凄く良い例だと思います。

澤村拓一投手は、アマチュア時代、圧倒的な成績を残し、伝説の投手である沢村栄治投手を超えるような投手になるのではないかともいわれていましたが、プロに入ってからは、なかなかうまくいかず周囲が期待をするような結果は残せていないような状態ですね。

その結果ロッテに移籍することになり、ロッテで今年プレーをされましたが、別人のようなピッチングを見せつけられ、一躍日本球界を代表するようなピッチャーにまでなられましたね。

どんな環境にも合う合わないがあると思うので、自分に合った環境に行けるかどうかは凄く大切な事ですね。

鈴木翔太投手も、凄くフォームがきれいで質の良いストレートを投げるピッチャーですので、野球選手としての素材はかなり高いと思います。

ですので、澤村拓一投手のように環境が変われば成績を一気に伸ばす可能性も全然あると思います。

鈴木翔太投手の年棒推移や成績推移や現在の実力も

鈴木翔太投手の年棒推移について書いていきます。

鈴木翔太投手の年棒推移はこちらです↓

次に成績推移を書いていきます。

鈴木翔太投手の年棒は、プロ野球選手の中では低いですね。

成績推移を見てわかるように、一軍の試合で結果を残せていないので、多くの年棒を貰えないのは仕方がないですね。

プロの世界は結果がすべてですので、活躍出来れば多くの年棒がもらえるし、活躍が出来なければ多くの年棒が貰えないというシンプルなシステムですね。

次に鈴木翔太投手の現在の実力についても書いていきます。

鈴木翔太投手の今季の二軍での成績は2勝2敗2セーブで防御率5.74です。

ですので、決して高いとは言えない成績ですね。

ただ、以前よりもストレートの球威が上がってきているようで、150キロを超えるようなストレートが戻ってきたようです。

鈴木 翔太投手は凄くボールの回転が良い質の良いボールを投げるので、ストレートの球速が上がってくると、一軍のバッターでのなかなか打てないのではないかと思います。

個人的には鈴木翔太投手は一軍で活躍できる能力はまだ全然あると思います。

まとめ

鈴木翔太投手は現在まだ25歳でまだまだ成績を大きく伸ばす可能性がある選手だと思うので、ぜひ自分に合った球団に行ってほしいですね。

素材の高さは誰もが認めるような選手だと思うので、一年でも長くプロ野球選手として活躍をしてほしいなと個人的には思います。

環境が変わって大きく成績を伸ばしたケースはたくさんあるので、鈴木翔太投手にもそのようになってほしいですね。

鈴木翔太投手の移籍に関しては今後も注目をして何か新しい情報があれば取り上げていきたいと思います。
おすすめ記事はこちら↓
ウエンツ瑛士の髪型について!父親と母親の離婚や留学理由も

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする