山川穂高の嫁の画像は?群馬出身?成績推移や年棒推移についても

山川穂高選手について書いていきます。

山川穂高選手は西武ライオンズでプレーをされているホームランバッターですね。

山川穂高選手は最近ご自身の嫁さんとキャッチボールをしている姿をご自身のインスタグラムに投稿されて話題になっていますね。

山川穂高選手の嫁に関する情報や成績や年棒についても注目が集まっているので取り上げていきたいと思います。

スポンサーリンク

山川穂高の嫁の画像は?群馬出身?

山川穂高選手の嫁の画像について注目が集まっています。

山川穂高選手の嫁さんは、山川麻衣子さんという方です。

嫁さんの画像はこちらです↓

凄く綺麗な方ですね。

山川穂高選手も凄く綺麗な嫁さんをゲットされましたね。

山川穂高選手と嫁さんとの出会いやや馴れ初めについても注目が集まっているので調べてみたのですが、特に明らかになっていません。

ただ、二人は同じ大学に行かれていたようですので、大学で出会われたのではないかと言われています。

山川穂高選手が山川麻衣子さんとの結婚を決意された一番の理由は、山川麻衣子さんは野球選手の気持ちを凄く理解をされる方だからのようです。

山川穂高選手と嫁さんが、結婚をされた日は、2017年の8月9日です。

2人の交際し始めたのも、8月9日ですので、交際日を意識されて結婚もされたのでしょうね。

また、山川穂高選手と嫁さんの子供についても注目が集まっているので調べてみたのですが、山川穂高選手と嫁さんの間には2019年5月15日に第一子となる長女が誕生されました。

体重は3822gで母子ともに健康だという発表が西武からありました。

3822gという事でかなり大型の赤ちゃんですね。

山川穂高選手の嫁さんも凄く頑張られたのでしょうね。

山川穂高の成績推移や年棒推移について

山川穂高選手の成績推移や年棒推移について書いていきます。

山川穂高選手の成績推移はこちら↓

山川穂高選手の持ち味は何といってもホームランの多さですね。

山川穂高選手のような選手が打線に一人いるとやはり打線にかなり厚みが増しますし、相手チークからすれば嫌でしょうね。

ホームランを打たれると試合が一気にひっくり返ったり試合の流れが一気に変わったりすることもあるので、ホームランがたくさん打てるバッターがいると相手チームからすれば凄く嫌でしょうね。

次に山川穂高選手の年棒推移についても注目が集まっているので取り上げていきたいと思います。

山川穂高選手の年棒推移はこちらです↓

2020年の2億1000万円というのが最高年棒なわけですが、山川穂高選手の年棒が2億1000万円というのはあまりに安すぎないかなと言われています。

山川穂高選手は二年連続40本塁打を記録されたバッターですしそのようなバッターはなかなかいないのでもっと高い年棒を上げるべきなのではないかと言われています。

確かに山川穂高選手ほどのホームランバッターは近年珍しいですし、もうちょっと年棒が高くても良い気がしますね。

プロ野球選手にとって高い年棒を貰うことはプレーをする上で大きなモチベーションの一つだと思いますし、山川穂高選手ももっと高い年棒を貰いたいと思っているでしょうね。

山川穂高選手の年齢は現在29歳で、年齢を重ねていくにつれて同じ成績でもプロ野球選手の年棒は高くなっていくような傾向があるので、山川穂高選手は今後も同じように多くの本塁打を放っていくとどんどん年棒が上がっていくでしょうね。

山川穂高選手は今まで最高で最高47本のホームランを放っていますし、50本塁打も目指してほしいですね。

山川穂高選手のボールを遠くに飛ばすセンスの良さは、レベルが高いプロ野球界でもずば抜けたものがありますし、今後もどんどん腕を磨いてホームランを量産してほしいですね。

スポンサーリンク

まとめ

山川穂高選手は凄くポテンシャルの高い選手ですし、今後も成績をどんどん伸ばしていく可能性のある選手だと思います。

山川穂高選手ほどの長打力を持った選手はなかなかいないですし、今後もどんどんホームランを打ってほしいですね。

ホームランをたくさん打てるバッターがいると、打線に厚みが増しますし、山川穂高選手のような選手はかなり貴重ですね。

現在のプロ野球界で、凄いホームランバッターがいないチームもいるので、40本塁打を狙えるようなバッターはどの球団もほしいところではあるでしょうね。

山川穂高選手のは2020年シーズンは本人も納得いかない成績だったと思いますし、来シーズンは凄く良い成績を残してほしいですね。

山川穂高選手の来シーズンにも注目をしていきたいと思いますし、益々のご活躍を期待したいと思います。
おすすめ記事はこちら↓
有原航平のメジャー活躍の可能性は?成績推移や年棒推移についても

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする