井上尚弥の次戦はいつ?相手の予想は?海外の反応についても

井上尚弥選手について書いていきます。

井上尚弥選手は現在世界最強のボクサーの一人と言われているようなボクサーですね。

日本史上最強のボクサーであることは間違いないですし、以前行われたノニトドネア戦では日本史上最高の試合ともいわれていましたね。

井上尚弥選手の次戦についてや相手の予想などについて注目が集まっているので取り上げていきたいと思います。

スポンサーリンク

井上尚弥の次戦はいつ?相手の予想は?

井上尚弥選手の次戦の時期についてですが、2021年の2月3月かと言われています。

井上尚弥選手はいつも凄く見ごたえのある試合をされるので、次の試合も凄く楽しみですし、世界中のボクシングファンが目が離せないですね。

井上尚弥選手は凄く積極的な試合をされるので、凄く見ていてもボクシングの試合として面白いですね。

井上尚弥選手の次の試合の相手についても注目が集まっているのですが、カシメロ選手の名前が挙がっていますね。

井上尚弥選手とカシメロ選手は以前対戦の可能性が上がりましたが、新型コロナウイルスの影響で対戦が実現しませんでしたね。

個人的にも井上尚弥選手とカシメロ選手との試合は見てみたかったと思いますし、試合が無くなった時は凄く残念でした。

ただ、対戦をすればほぼ間違いなく井上尚弥選手が勝つと思います。

もちろんカシメロ選手も凄く強い選手であることは間違いないですが、井上尚弥選手の強さは軽量級ではずば抜けているので、井上尚弥選手相手にまともに戦えるような選手は今の軽量級ではいないのではないかと思います。

個人的に勝負を見てみたい選手として、ギレルモ・リゴンドウ選手がいます。

リゴンドー選手はオリンピックで金メダルを獲得したりと、バンタム級では破格の強さを誇っていましたね。

リゴンドー選手も凄く強い選手であることは間違いないですが、リゴンドー選手はもう年齢が40歳ですので、筋力や体力的な衰えを否定できない年齢にはなってきていますね。

ですので、五年前だったら分かりませんが、現在井上尚弥選手とリゴンドー選手が試合をすれば間違いなく井上尚弥選手が勝つと思います。

個人的には凄く見てみたいカードの一つです。

井上尚弥選手は今後四団体統一王者を目指していくようです。

四団体統一王者は凄く難しいことですが、井上尚弥選手であれば難なく達成しそうですね。

井上尚弥選手ほどポテンシャルの高い選手はなかなかいないですし、今後も世界的に有名な選手と試合を続けて欲しいですね。

井上尚弥選手は大橋ジムに入られる時に、「強い相手としか試合をしない」と言って入られました。

現在のボクシング界には、自分の立場を守るために強い相手との対戦を避けるような選手もいますが、現代はそのようなボクシング選手は高くは評価されないですね。

もちろん強くないチャンピオンに挑戦をした方が世界タイトルは獲得しやすいですが、強くないチャンピオンに勝利してチャンピオンベルトを獲得したとしてもそのチャンピオンの実力は世界からは評価はされないですね。

今の時代に世界から高く評価をしてほしいのであれば実力の高い選手と対戦をして勝利をする必要がありますね。

井上尚弥の海外の反応について

井上尚弥選手の海外の反応について書いていきます。

井上尚弥選手の海外の反応は、やはり世界最強クラスのボクサーと評価されていますね。

全階級で一番強いボクサーを決めるパウンドフォーパウンドでも井上尚弥選手は三番以内には入ると言われていますね。

今までの日本人ボクサーでここまで世界的に高く評価をされたボクサーはいなかったと思いますし、今後も世界的な評価をどんどん上げていくような活躍をしてほしいですね。

井上尚弥選手のボクサーとしてのポテンシャルが世界でもとびぬけていると思うので、今後も世界最強クラスのボクサーとどんどん対戦をして勝ち抜いてほしいですね。

スポンサーリンク

まとめ

井上尚弥選手ほど強い選手はなかなかいないですし、今後も世界中に井上尚弥の名前をとどろかすような活躍をしてほしいですね。

井上尚弥選手のボクサーとしてのポテンシャルの高さや強さは間違いなく日本のボクシング史上最高だと思うので、今後もかつての日本人ボクサーが到達できなかったところにまで到達してほしいですね。

ボクサーは年間数試合しか試合が出来ないようなスポーツなので、今後も世界的に有名な強い選手と試合をしてほしいですね。

どんなに実力の高いアスリートもケガをしたり体調を崩したりすると、元も子もないので、今後も体調だけには気を付けて頑張って欲しいですね。

井上尚弥選手の今後についても注目をして何かあれば取り上げていきたいと思います。
おすすめ記事はこちら↓
古田敦也は性格がケチ?嫁や子供や成績推移や年棒推移についても

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする