根尾昂【中日】はイップス?成績や 両親の画像や病院も

根尾昂選手について書いていきます。
根尾昂選手は、中日でドラゴンズでドラフト一位指名された身体能力の高い選手ですね。

根尾昂選手は最近三冠王を三回獲得した落合博満さんから「打てない」と発言されたことでも話題になりましたね。
そんな根尾昂選手ですが、一部でイップスなのではないかという噂もあります。

根尾昂選手のご両親についても注目が集まっているので取り上げていきたいと思います。

スポンサーリンク

根尾昭のプロフィール

出身地 岐阜県飛騨市(旧・吉城郡河合村)
生年月日 2000年4月19日(19歳)
身長  177cm
体重 80kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 遊撃手
プロ入り 2018年 ドラフト1位
年俸 1500万円(2019年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
大阪桐蔭高等学校
中日ドラゴンズ (2019 – )

根尾昂選手は、小学二年の時に野球を始められました。
小学生の時はピッチャーとショートを務められ、活躍をされました。

六年生の時は、ソフトボール投げで88メートル以上投げ、新記録を作られました。
中学校に入っても実力をどんどんと伸ばされ、中学三年の時には146キロを記録されました。

元メジャーリーガーの高橋尚成さん中学三年の根尾昂さんのピッチングにコメントをされていましたが、「今でもプロで通用する」とコメントされていました。

また、野球だけではなく、スキーも全国トップクラスの実力を持っていらっしゃいました。
スポーツだけではなく、勉強もオール5ですし、生徒会長も務めていらっしゃったので、超スーパー中学生だったことは間違いないと思います。

高校進学の時、どのような高校に進学されるのかにも注目が集まりましたが、大阪桐蔭高校を選択されました。

大阪桐蔭は中田翔選手など数々の超一流選手を輩出された超名門高校ですので、野球に打ち込むにはこれ以上ないと言っても過言ではないような高校ですね。

一年の夏からベンチ入りし、2年の春から主力選手として活躍されました。

ピッチャーやショートが主なポジションですが、チーム状況によっては外野手もこなしていらっしゃいました。

2年春から3年夏まで4季連続で甲子園大会出場を果たし、そのうち2年春、3年春、3年夏で全国優勝するなど、大活躍を収められました。

そのような輝かしい活躍をされていたので、当然ドラフトの時は多くのプ色野球チームから注目を集めていました。

2018年のドラフト会議では、中日、日本ハム、巨人、ヤクルトの四球団が根尾昂選手をドラフト一位指名され、抽選の末、中日ドラゴンズが見事根尾昂選手を一位で獲得されることになりました。

根尾昂選手は、高校時代、ピッチャーとしてもバッターとしても活躍されていましたし、プロ野球でバッターとしてプレーされるのかピッチャーとしてプレーされるのか、はたまた二刀流としてプレーされるのかにも注目が集まっていましたが、根尾昂選手本人の希望でバッターとしてプレーされることがきまりました。

根尾昂選手は会見で、

「ポジションはショート一本でいかせて下さいとお伝えしました」

と、コメントされていました。

根尾昂【中日】はイップス?成績は?

大注目されてプロ野球の世界に来た根尾昂選手ですが、周囲から期待さあれていたような活躍は今のところ出来ていませんね。

ウエスタンリーグで多くの打席に立っていますが、今のところ打率が一割台ですね。(2019年7月29日現在)

落合博満さんが根尾昂選手についてコメントをされていたのですが、

「まだ1年目だよ。打てるわけねえわ、あのバッティングで。ちょこっと見たけどこの子は打てないと思った。現状では」
「ただひとつ言えることは教えてくれる人のことは真に受けないということだね。守備は教わっていい。バッティングだけは真に受けないこと。潰れていった選手を何人も見てきてるから。たいていが自分のいいところをみんななくして潰れていってる。教える人はそんなこと考えてないから。(打撃に関しては)自分で見つけりゃいいんじゃない」

と仰っていました。
根尾昂選手はまだプロ一年目の19歳ですし、通用するレベルではないのでしょうね。

落合博満さんが言うように指導者の言う通りにしてうまくいかない選手はたくさんいるので、答えは自分で考えて自分で見つけていかないといけないのでしょうね。

まだまだ未来の長い選手ですので、ケガだけには気を付けてこれからの活躍を期待したいですね。

ポテンシャルの高さは誰もが認めるところだと思いますし、数年後どのような選手になっているのか楽しみですね。

そんな根尾昂選手ですが、一部でイップスの噂が流れています。

イップスとは、精神的なストレスなどでうまく投げられなかったり、本来のプレーが出来なくなるような状態ですね。

現在の成績が根尾昂選手の本来の姿とは遠いと感じている方が多いので、このような噂が上がっているようです。

根尾昂選手は、物凄く真面目でよく考えるタイプの方のようで、自分を精神的にも追い込んでしまうようなところがあるようです。

ですので、精神的に参ってしまい、思うようなプレーが出来ていないのではないかと噂されています。
まだ未成年ですし、精神的な負担はかなりあるでしょうね。

スポンサーリンク

根尾昂選手の両親について

根尾昂選手のご両親について書いていきます。

根尾昂選手のご両親は、お医者さんをされています。

地元の岐阜県飛騨市で診療所を営んでおられます。
お父さんの画像はコチラです。

根尾昂選手そっくりですね(笑)

根尾昂選手が凄く勉強も出来る方なのは親御さんの遺伝なのかもしれませんね。
親御さんはもしかしたら根尾昂選手には医師になって欲しかったのかもしれませんね。

根尾昂選手にはお兄さんがいらっしゃるのですが、根尾昂選手のお兄さんは、医学部に行っていらっしゃいます。

ご両親の背中を追いかけて医師になられるのでしょうね。
お兄さんの画像はコチラです。

根尾学さんと仰います。
現在は岐阜大学医学部の学生さんのようです。

野球もされていたようです。

家族全員が勉強もスポーツも出来るような凄い方々なのかもしれませんね。

まさにスーパー遺伝子ですね。

まとめ

根尾昂選手は今プロ野球を厳しさを体感していると思いますが、素材の良さは誰もが認めるものだと思いますし、期待したいですね。
高卒でプロ一年目から活躍出来るような選手はかなり稀ですし、高校野球のプロ野球のピッチャーのレベルはかなり違うと思いますので、プロのレベルの高いピッチャーにも対応出来るように頑張って欲しいですね。

根尾昂選手はこれからの選手ですので、ケガだけには気を付けて頂きたいですね。

おすすめ記事はコチラ↓
近本光司外野手の結婚した嫁や子供は?パワプロは肩強い?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする