根尾昂の筋肉について!バスケやグローブについても

中日ドラゴンズの根尾昂選手がキャンプを一軍で迎えることが明らかになっていますね。

根尾昂選手は、一年目からの活躍を期待する声も多かったですが、昨年残念ながら一年目からの活躍は出来なかったですね。

二軍でプレーをされていましたが、打率.210、86安打、2本塁打の成績でしたね。

前中日ドラゴンズ監督の落合博満さんが根尾昂選手のプレーについてコメントをされていたのですが、「打てるわけねえよ」とコメントをされていました。

根尾昂選手は高校時代とびぬけて注目をされた選手でしたが、そんな根尾昂選手でさえプロ野球では全然通用しないので、やはりアマチュアとプロの壁はかなり違うようですね。

アマチュアからプロに移った選手はよく言うのは、ストレートの質が違うという方が多いです。

スピードガンでは同じ球速でもストレートの質によってバッターの打ちやすさは全然違うようで、プロの選手のボールはかなり質が良いようでなかなか打ちずらいようです。

厳密にいえば、ストレートは回転数と回転軸の角度が重要のようです。

140キロのストレートでも、回転数が多く回転軸が水平に近いボールはバッターからしてなかなか打てないようです。

根尾昂選手はこれからそのようなボールに対応できるかどうかが見どころのなりそうですね。

そんな根尾昂選手ですが、身体能力の高い選手ということで注目を集めています。

根尾昂選手の筋肉やバスケやグローブについても注目が集まっているので取り上げていきたいと思います。

スポンサーリンク

根尾昂の筋肉について

根尾昂選手はすごい体型をされていますし、筋肉も隆々です。

根尾昂選手の筋肉はこちら↓

やはりかなりすごい筋肉をされていますね。

根尾昂選手は当然かなり厳しいトレーニングをされていますし、その結果としてこのような筋肉を手に入れたのでしょうね。

アスリートは体が資本なので、根尾昂選手も体つくりにはかなり注力をされているでしょうね。

根尾昂選手のバスケについて

根尾昂選手は身体能力のかなり高い選手ですので、野球以外でもかなり高い実力を持っています。

例えば学生時代は、スキーの全国大会で優勝されたこともあり、野球以外でも通用すアスリートでしょうね。

そんな中でひそかに注目を集めているのはバスケです。

根尾昂選手のバスケがうますぎるということでインターネット上で話題になっているようです。

根尾昂選手のバスケのシーンがテレビ番組の一場面で取り上げられたので根尾昂選手のバスケの実力に注目が集まったようです。

運動神経の良い方はどんなスポーツでも成功する人はしますし、根尾昂選手も野球以外でも通用したのではないかと個人的には思います。

根尾昂のグローブについて

根尾昂選手のグローブについても注目が集まっています。

根尾昂選手のグローブですが、「ZETT」のメーカーのものを使っているようです。

根尾昂選手はバットやグローブにかなり強い拘りをもっていたようで、高校生の時から特注のものを使っていたようです。

高校生の時から特注のものを使う方はほとんどいないですし、根尾昂選手はそれだけ道具に対してもストイックに考えているのでしょうね。

野球選手にとってバットやグローブやスパークは商売道具ですので、こだわるのは当然でしょうね。

野球の成績がうまくいかなかったことを道具のせいだとは思いたくはないと思いますし、道具には最大限こだわるのは野球選手として当然のことかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

根尾昂選手はものすごくポテンシャルの高い選手であることは間違いないと思いますし、これからの活躍に期待したいですね。

プロ野球で一年目から活躍できるような高卒選手はなかなかいないですし、根尾昂選手の来シーズン以降のプレーにも注目ですね。

将来の長い選手ですので、怪我だけには気を付けて頑張ってほしいですね。

根尾昂選手は個人的には間違いなく日の丸を背負うような選手になると思うので、まだ若いので様々なことを試して頑張ってほしいですね。

根尾昂選手のこれからのプレーについて注目していきたいと思います。

来シーズン一気に才能が開花する可能性も十分にあるので、来シーズンに万全の調子で臨んでほしいですね。
おすすめ記事はこちら↓
鳥谷敬の移籍先の球団の候補はどこ?引退やコーチや監督の可能性は?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする