山田哲人のメジャー挑戦の可能性は?活躍出来る可能性も

山田哲人選手が2019年オフの契約更改を終えられましたね。

山田哲人選手は、7000万円増となる年俸5億円の単年契約でサインされましたね。

山田哲人選手はの今季の成績は、打率271、本塁打35、打点98、盗塁33でした。

山田哲人選手の代名詞と言えばトリプルスリーですが、打率が例年よりは少し下がってしまいましたね。

しかしながら、それ以外はきちっと高い数字を残し、チームに大きく貢献をされましたね。

山田哲人選手は今回単年契約を結ばれましたが、メジャー挑戦の可能性についても注目されているので、取り上げていきたいと思います。

スポンサーリンク

山田哲人のメジャー挑戦の可能性は?活躍出来る可能性も

山田哲人選手の、メジャー挑戦の可能性についてですが、山田哲人選手自身がメジャー挑戦の意思を公言されたことはありません。

ですので、山田哲人選手本人の現段階ではあまり強くないのかもしれません。

ただ、アスリートは出来るだけ高いレベルで戦いたいと考える方が多いですし、山田哲人選手も日本のプロ野球でこれだけ大きな成績を残した選手ですので、メジャーリーグに挑戦したいような感覚になっているのかもしれませんね。

山田哲人選手がメジャーリーグに挑戦した時に活躍できる可能性についてですが、個人的には活躍できると思います。

しかしながら、日本のリーグで残したようなトリプルスリーを達成したり、圧倒的な結果を残すことは難しいかもしれないと思っています。

メジャーリーグのピッチャーは変則的な選手もいますし、ストレートの球速も日本の選手よりもかなり速いので、そのような選手に対応できるかどうかがポイントになりそうです。

今まで様々な日本人バッターがメジャーリーグに挑戦をされましたが、日本のリーグでは首位打者を獲得するような成績をンも越した選手でも、メジャーリーグでは全く通用せずに、日本に帰ってきた選手もたくさんいましたね。

日本球界と変わらないような活躍をされたのはイチロー選手くらいではないかと思います。

やはりそれだけメジャーリーグのピッチャー相手に良い成績を残すのは難しいことだと思います。

以前ダルビッシュ投手が日本人のメジャーリーグ挑戦についてコメントをされていたのですが、基本的にパワーやスピードで日本人選手がメジャーリーグのトップクラスの選手と張り合うのは難しいようです。

メジャーリーガーの身体能力は日本人選手とはやはり比べ物にならないくらい高いようで、ですのでバッターでメジャーリーグのいトップになるのはなかなか難しいとコメントをされていました。

落合博満さんも以前日本人のメジャーリーグ挑戦についてコメントをされていたのですが、

「ピッチャーはどんどん行ってよいと思うけどバッターは行ってもどうかなと思う。」

とコメントをされていました。

今までメジャーリーグ挑戦した日本人選手を見てもピッチャーのほうが通用した選手が多いですね。

黒田博樹選手、田中将大選手、岩隈久志選手、ダルビッシュ有選手など日本の時と変わらないような活躍をされた選手もたくさんいます。

日本人投手はメジャーリーガーほどのパワーはないかもしれませんが、器用さやコントロールなどは兼ね備えているのでそのような部分で勝負が出来るのでしょうね。

山田哲人のFA移籍について

山田哲人選手のFA移籍に打ついて書いていきます。

山田哲人選手は当然ヤクルトからはかなり重要な選手なので、複数年契約の提示をされていますが、山田哲人選手はFA権を取得するまでは単年契約にこだわっており毎回単年契約をされています。

ですので、FA取得すれば国内の他の球団に移籍するのではないかともいわれています。

当然山田哲人選手がそのようなことを公言されたわけではありませんが、その可能性は十分にあると思います。

そして、山田哲人選手がFA権を取得されるのは来シーズンです。

来シーズンFA権を取得されるので早ければ来シーズンでヤクルトスワローズを離れてしまうのではないかとも言われています。

インターネット上で山田哲人選手の移籍候補の球団として名前が上がっているのは、巨人です。

巨人は資金力がある上に、ネームバリューやチーム力もあるので、ヤクルトにいる時よりも優勝や日本一にかかわれる可能性が高いと思います。

ヤクルトは今季6位でしたが、巨人は優勝されましたね。

山田哲人選手も少しでも優勝や日本一の争いができる球団でプレーをしたいと思っているかもしれませんね。

山田哲人選手がFA宣言をされた場合、かなり大きな争奪戦になることが予想されます。

過去最大級の注目度になると言われていますし、金銭的な条件もものすごい金額になることは間違いないでしょうね。

スポンサーリンク

まとめ

山田哲人選手ほど安定して高い成績を残された方はなかなかいらっしゃらないですし、これからも怪我だけには気を付けてほしいですね。

山田哲人選手の実力は誰もが認めるところですし、個人的にはメジャーリーグでどれだけ活躍できるのか見てみたいです。

プロ野球選手は一年一年が勝負の年だと思いますし、来シーズンもトリプルスリーやタイトル獲得を目指して頑張ってほしいですね。

おすすめ記事はこちら↓
梅野隆太郎年棒や契約更改は?嫁【妻】や子供についても

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする