剛力彩芽と前澤友作が破局した理由は?新しい彼氏は?

剛力彩芽さんと前沢友作さんについて書いていきます。

剛力彩芽さんと前沢友作さんは以前交際をしていたことで有名ですね。

大物同士のカップルですので、かなり注目されていましたが、残念ながらゴールインすることなく、破局することになりましたね。

二人が破局した理由や原因についても注目が集まっているので取り上げていきたいと思います。

剛力彩芽と前澤友作が別れた理由は?

剛力彩芽さんは、12月の10日に前澤友作さんとの破局についてコメントをされていましたが、

「私の気持ちは残っています。」

とコメントされました。

ですので、剛力彩芽さんは今でも前澤友作さんのことが好きのようです。

破局した後なのにかなり正直にご自身の気持ちを話されましたね。

剛力彩芽さんからして前澤友作さんは顔も性格もめちゃくちゃタイプのようで、ひとめぼれだったようです。

剛力彩芽さんは芸能界でずっと活躍されていたので、本気の恋愛をする時間もなかなかなかったと思いますので、前沢友作さんは少し特別な方だったのかもしれませんね。

前澤友作さんはご自身の破局についてコメントをされていましたが、

「ありがちですけど、お互いの方向性のズレというか」
「簡単に言うと彼女はもっとお仕事を頑張りたい。まだ27歳ですからお仕事をバリバリ頑張りたいと。一方、僕は新しい事業だとか宇宙だとか。もっといっぱい彼女について来てほしい。ついて来てほしい僕と、仕事をやりたい彼女。ちょっと向いてる方向が…」

とコメントされました。
剛力彩芽さんがまだ未練が残っていることを明かされたので、前澤友作さん側の都合で破局されたのだと思います。

前澤友作さんが述べられた破局理由について、多くの方から批判が集まりました。

《綺麗ごとを言っているようにしか感じなかった》
《中途半端な告白ならしなきゃよかったのに》
《もっともらしいこと言ってるようだけど、遊びたいだけでしょ》

などの批判が集まりました。

恋愛は相手があることですし、相手の人生を背負うものだと思うので中途半端な恋愛はしてはいけませんね。

剛力彩芽さんは前澤友作さんのことをかなり好いていたと思いますし、破局の際はきっとショックだったでしょうね。

剛力彩芽さんはまだまだお若くて、人気のある女優さんですので、本気で交際する男性を作ろうと思えばすぐに作れるでしょうね。

剛力彩芽さんはまた新しい良い人を見つけて幸せになってほしいですね。

前澤友作さんの結婚観や恋愛観について

前澤友作さんの結婚観や恋愛観について書いていきます。

ご存じの方も多いと思いますが、前澤友作さんにはお子さんがいらっしゃいます。

結婚歴はありませんが、二人の女性との間に3人の子どもがいらっしゃいます。

年間数千万円の高額な養育費も払っているようです。

そんな前澤友作さんがご自身の結婚観について以前かたっていたのですが、

「結婚という形に縛られずに仕事や恋愛に打ち込めるのほうがお互いに幸せ」「婚姻制度について深く考えることがある。愛の形とか突き詰めたくなった」

とコメントされています。
またご自身の座右の銘が「一夫多妻」なので、一人の女性と生涯深く愛し合う結婚制度については良いものとは思っておられないのかもしれません。

すごく自由な思考で常識にとらわれないのは、前澤友作さんの起業家らしい自由で常識にとらわれない思考をされているからかもしれませんね。

結婚願望を持っていない男性も最近増えてきていますし、結婚に対する考え方は今後変わっていくかもしれませんね。

剛力彩芽の新しい彼氏は?

剛力彩芽さんの新しい彼氏についても注目が集まっていますが、剛力彩芽さんの新しい彼氏に関する情報は何もありませんでした。

まだ破局してばかりなので、新しい彼氏はいないと思います。

剛力彩芽さんは前澤友作さんに対する未練を語ったばかりなので、新しい恋愛のことはまだ考えられない感も知れませんね。

剛力彩芽さんが前澤友作さんと別れたことは報道され皆が知ることになったので、剛力彩芽さんにアプローチをする男性も増えてくるのではないでしょうか(笑)

スポンサーリンク

まとめ

剛力彩芽さんと前澤友作さんの恋愛についてこれから新しい情報が出てきたらまた取り上げていきたいと思います。

女性は年齢を重ねるとともに結婚が難しくなってくると思いますし、剛力彩芽さんは早くまた相手を見つけたほうが良いかもしれませんね。

恋愛は、仕事の出来にも影響しますし、良い恋愛や結婚ができるかどうかは人生の幸福度に大きな影響を与えますね。

剛力彩芽さんはものすごく良い方だと思うので、良い男性を見つけて幸せになってほしいですね。
おすすめ記事はこちら↓

那須川天心と葉加瀬マイの出会いやなれそめは?二股は事実?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする