松坂大輔の西武復帰で背番号や年棒は?活躍の可能性についても

松坂大輔投手の西部復帰が話題になっていますね。
松坂大輔投手は、過去日本球界最高のピッチャーとして、wbcなどの国際試合でも大活躍をされた投手ですね。

松坂大輔投手が、初めてプレーされた球団は西武ライオンズですが、来シーズンから西武ライオンズでプレーされることになりましたね。

松坂大輔投手の来シーズンの背番号や年棒などについて注目が集まっているので取り上げていきたいと思います。

松坂大輔の西武復帰で背番号や年棒は?

松坂大輔投手が来シーズンから西武に復帰されるわけですが、西武ライオンズの条件について取り上げていきたいと思います。

西武ライオンズの条件は、年棒3000万円で、背番号16です。

背番号16はかなり良い番号ですので、西武ライオンズは松坂大輔投手にかなり大きな期待をしているのではないかと思います。

松坂大輔投手は、ご自身の西部復帰について、

「家に帰ってきた感覚」

とコメントされました。

松坂大輔投手にとっても西武ライオンズは特別な球団だと思うので、かつての輝きを取り戻してほしいですね。

年齢を重ねるとともに、当然体の身体能力はどんどん落ちてきますが、その反面投球術やテクニックなどはどんどん深くなってくると思うので、松坂大輔投手も技巧派として勝負していくべきかもしれませんね。

ピッチングはストレートが遅くなっても、投球術で遅いストレートを速く見せることは可能だと思うので、松坂大輔投手はピッチングテクニックを磨いていくことが重要かもしれませんね。

松坂大輔投手ほどの経験と実績があればたとえピッチャーとして活躍ができなかったとしても若手の見本としてよい影響をチームに与えることは出来ると思うので、西武に球団からすればそのような影響も期待しているかもしれませんね。

松坂大輔投手の西部復帰について世の中の反応は?

松坂大輔投手の西部復帰について世の中の反応は、


などがありました。
やはり松坂大輔投手が古巣の西部に復帰することを歓迎する声が多かったです。

西武ファンにとっても松坂大輔投手は特別な選手だと思うので、松坂大輔投手は、西武ライオンズにいるべき選手かもしれませんね。

松坂大輔投手の活躍の可能性は?

松坂大輔投手の活躍の可能性について書いていきます。

松坂大輔投手の今期の成績は、2試合に登板し、防御率16.88なので、本来の実力とは程遠い成績ですね。

ただ、登板した試合数が少ないので、正確な実力はわからないですね。

2018年シーズンは、11試合に登板され、6勝4敗防御率3.74でまずまずの成績を残されました。

ですので、松坂大輔投手は現在でも一軍で活躍する実力を十分に持っていると考えることができると思います。

西武ライオンズの環境は、松坂大輔投手もよくわかっていると思いますし、松坂大輔投手からするとすごく良い環境なのではないかと思います。

松坂大輔がメジャー後ソフトバンクに行った理由について

少し話がそれますが、松坂大輔投手は、メジャーリーグから帰ってきたときは、古巣の西武ライオンズではなく、ソフトバンクホークスに行かれましたね。

以前とある番組でなぜ西武ライオンズではなくソフトバンクホークスに行ったのか聞かれていてコメントをしていたのですが、その時は西武ライオンズからオファーがなかったようです。

西武ライオンズは当時松坂大輔投手が日本球界で通用する選手だとは思っていなかったのかもしれませんね。

当時松坂大輔投手を獲得しようと思うとかなりの年棒が必要だったと思いますし、西武ライオンズは総合的に考えて獲得しないほうが賢明だと判断したのでしょうね。

まとめ

松坂大輔投手の来シーズンの活躍にはかなりの大きな注目が集まりますし、西武ファンも望んでいるでしょうね。

松坂大輔投手の実力は誰もが認めるところだと思いますし、良いコンディションでシーズンを通して活躍してほしいですね。

年齢を重ねてくるとどうしてもけがをしやすくなりますし、ピッチャーは怪我が多いポジションなので、怪我だけには気を付けてほしいですね。

松坂大輔投手の練習への取り組み方やテクニックなどは多くの若い選手の手本になるようなもんだと思うので、来シーズンの西武の順位にも注目したいですね。
おすすめ記事はこちら↓
筒香嘉智がメジャーで活躍する可能性は?評価や移籍候補についても

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする