井上尚弥とノニトドネアの勝敗の予想は?放送時間も

井上尚弥選手とノニトドネア選手の対決に注目が集まっていますね。

井上尚弥選手は、日本史上最強のボクサーとの呼び声高いですし、そのようなボクサーがボクシング界のレジェンド級のボクサーと戦うということで、日本のみならず世界のボクシングファンが注目して言う試合です。

勝敗の予想についても注目が集まっているので取り上げていきたいと思います。

スポンサーリンク

井上尚弥とノニトドネアの勝敗の予想は?

井上尚弥選手とノニトドネア選手の対決の勝敗の予想ですが、井上尚弥選手の勝利を予想する意見が圧倒的に多いです。

井上尚弥選手の評価は当然海外でもすこぶる高いですし、ノニトドネア選手も当然レジェンド級に強い選手でしたが、現在はもう36歳ですので、全盛期と比べて少し衰えてしまっているのではないかという意見も多いようです。

オッズも発表されたのですが、井上尚弥選手勝利の予想は1.1倍未満なのに対し、ノニトドネア選手の予想は、10倍前後とかなり開いています。

ドネア選手は現在も強い選手ですが、井上尚弥選手の強さが怪物級なので、井上尚弥選手には勝てないだろうと言われていますね。

個人的には5ラウンドくらいで井上尚弥選手がkoで勝利するのではないかと思います。

井上尚弥選手は、パワーもスピードも圧倒的なものを持っているのでドネア選手は一方的にやられてしまうのではないかと思います。

井上尚弥選手は現在の調子について、「ヤバい」(良い意味で)とコメントされています。

ですので、3ラウンドくらいでKO勝ちする可能性も十分にあると思います。

ノニトドネアの強さやプロフィールについて

ドネア選手んぼ強さについて気になっている方も多いので取り上げていきたいと思います。

ドネア選手の戦績は以下です。

プロボクシング戦績
総試合数 45
勝ち 40
KO勝ち 26
敗け 5

世界5階級制覇王者で数々の強敵を倒してきた選手です。

有名な選手でいうと、フェルナンド・モンティエル選手やオマール・ナルバエス選手などがいらっしゃいます。

特にフェルナンドモンティエル選手との試合は、二ラウンドで相手をKoしてかなり注目を集めました。

日本人との対戦歴もあり、西岡利晃選手との対戦経験があります。

その時はかなり注目され、日本のボクシング史上最高のマッチメイクだと言われ、日本のボクシングファンは皆西岡利晃選手を応援していましたが、残念ながらドネア選手が圧倒的な強さを見せ勝利しました。

西岡選手は、前半からうかつに近づけないような状態で、距離を取り、打ち合うようなことはしませんでした。

ドネア選手のパンチは一発で相手をKoしてしまう威力がありますので打ち合うのは危険すぎると考えていたのだと思います。

西岡選手は一発良いパンチを当ててドネア選手を逆転Koすることを狙っていたようですが、残念ながら見せ場を作ることができず、9回TKO負けとなってしまいました。

この結果に対して解説の本田会長は「仕方がないですね。(ドネアは)強いもの。」とコメントしていました。

ドネア選手はフィリピンの閃光と呼ばれかなり速い動きをされるので相手はなかなかパンチを当てることができないケースが多いです。

フィリピンの伝説的なボクサーといえばマニーパッキャオ選手がいますが、パッキャオ選手の次にフィリンピンでは英雄扱いされている選手だと思います。

ドネア選手がどれだけすごい選手かはわかっていただけたかと思いますが、そんなドネア選手でも今回の試合では完敗が予想されているので、井上選手はやはり怪物の名にふさわしい実力を持っているのだと思います。

井上尚弥とノニトドネアの放送時間は?

井上尚弥選手とノニトドネア選手の放送は、NHK-BS8K(地上波ではフジテレビ)でされます。

NHKでボクシングが放送されるのはおよそ60年ぶりですので、今回の試合はかなり大きな注目を集めていることが分かります。

放送時間は11月7日の21時00分からです。

ボクシングファン以外もかなり注目している試合だと思うので、高い視聴率になることは間違いないと思います。

スポンサーリンク

まとめ

井上尚弥選手とノニトドネア選手の試合情報にはこれからも注目していきたいと思います。
井上尚弥選手にとっては過去最高のビッグマッチであることは間違いないと思いますし、早いラウンドでKo勝利するとと、鵜の上内や選手の評価は益々高まりますね。

井上尚弥選手のポテンシャルは、日本ボクシング史上最高であるとは間違いないと思いますし、日本のボクシング選手が成し遂げられなかったことをどんどん成し遂げてほしいですね。
おすすめ記事はコチラ↓
坂本勇人は結婚するか?するなら一般人と?フライデーについても

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする