ジャスティンガトリンの筋肉はドーピングが原因?走り方についても

ドーハ世界陸上2019の100メートルでジャスティンガトリン選手が銀メダルを獲得されたことが話題になっていますね。
ジャスティンガトリン選手は、37歳ながら若い選手たちに走り勝ち銀メダルを獲得されたので、かなり騒がれいています。

そんなジャスティンガトリン選手ですが、過去にドーピングをした過去があると言われていますね。

現在もかなり強い筋肉を維持されているジャスティンガトリン選手ですが、以前にしたドーピングが原因ではないかと言われています。

ジャスティンガトリン選手のドーピングについて取り上げていきたいと思います。

スポンサーリンク

ジャスティンガトリンの筋肉はドーピングが原因?

ジャスティンガトリン選手は、2017年の8月で行われたロンドンの世界陸上で優勝されたのですが、その時に観客から大きなブーイングを浴びせられたことが話題になりましたね。

ジャスティンガトリン選手が優勝したものの、ブーイングを浴びせられたのは、間違いなく過去にドーピングをしたことがあるからだと思います。

ドーピングは完全にスポーツマンシップに反する行為ですし、陸上ファンから反発を貰うのは当然かもしれませんね。

ジャスティンガトリン選手は、37歳で迎えたドーハ世界陸上でも銀メダルを獲得されましたし、物凄い若々しい肉体をされていることは間違いないですね。

その若々しい肉体は過去にしたドーピングの影響が大きいのではないかと主張する方もいるようです。

ジャスティンガトリン選手が2017年のロンドンの世界陸上で優勝されたもののドーピングを浴びたことに対して元日本10種競技チャンピオンの武井壮さんがコメントをされていたのですが、ドーピングはまず間違えて摂取してしまうようなことはないようです。

世界のトップクラスの選手は間違いなくドーピングについて詳しい知識を持っていますし、ドーピングにかかりそうなものはドクターに聞いたりすることも出来るので、間違えて摂取することは考えられないようです。

そして、ドーピングを摂取すると数年間出場停止になりますが、ドーピングで一度物凄く強靭な肉体を手に入れるとなかなか元には戻らないという説もあるようで、そうすると、一度ドーピングをした選手は、二度とフェアな戦いは出来ないかもしれませんね。

陸上は、フィジカルが物凄く重要なスポーツですので、ドーピングの効果はかなり大きくなってしまうのかもしれませんね。

ジャスティンガトリン選手も当然ドーピングでどれだけの大きな効果があるのかは分かっていると思いますし、それを分かった上でドーピングをされたと思うので、陸上のファンからすれば結果を出しても認められない気持ちになり、ブーイングに繋がったのかもしれませんね。

アスリートはかなり大きなプレッシャーと闘う事になりますし、ドーピングに手を出したい気持ちになるのかもしれませんが、絶対に出してはいけませんね。

スポーツは正々堂々と勝負して勝利してこそ価値がありますし、ドーピングに対する規制をもっと厳しくしても良いかもしれませんね。

ジャスティンガトリンの走り方について

ジャスティンガトリン選手の走り方について書いていきます。

ジャスティンガトリン選手は世界でも一番美しいフォームとも言われています。

経験も実績もある選手ですので、100メートルの技術は世界トップレベルと言って間違いないです。

ガトリン選手はスタートも早く、後半も落ちないので、スタートで引き離されてしまうと後半追い越すことはどんなスプリンターでも不可能かもしれません。

また、ドーハ世界陸上2019でも決勝でしっかりと良いタイムを出しましたし、複数本走ってもタイムが落ちないのも大きな特徴かもしれません。

ジャスティンガトリン選手の走り方hは多くの選手が参考にしていますし、100メートルのスプリンターとしての技術は世界最高だと言われています。

100メートルの走り方について

100メートルの走り方についてですが、選手によって多種多様です。

腕を大きく振る選手もいれば振らない選手もいます。

私も陸上競技をしていたのですが、だれにでも当てはまるベストなフォームは存在しなくて人それぞれ体つきは違うのでベストなフォームは人それぞれ違うと思います。

ですので、自分に合ったフォームを見つけて突き詰めるのが一番良いのではないかと思います。

一流選手でも考えや意識していることは違うので自分の考えをしっかりと持って頑張ることが大切なのではないかと個人的には思います。

スポンサーリンク

まとめ

ドーピングはスポーツマンシップに大きく反する行為ですし、一度でもすればファンからはクリーンな選手とは認めてもらえないのかもしれませんね。

スポーツの世界はファンの方がいてこそ成り立つ世界だと思いますし、ファンの方を裏切らない努力も必要かもしれませんね。

世界のトップで戦うような選手は、プレッシャーも大きいと思いますが、フェアな戦いをすることは常に心にとめて欲しいですね。
おすすめ記事はコチラ↓
多田修平のスタートについて!弟や家族や彼女や結婚についても

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする