山縣亮太は結婚してる?気胸や福島千里との関係も

陸上男子100メートルの山縣諒太選手が9月22日の全日本実業団対抗陸上競技選手権大会の200メートルを棄権されたことが話題になっていますね。

山縣亮太選手は来年行われる東京オリンピックでの活躍が期待される選手ですし、今後の活躍かなり期待されていますね。

山縣亮太選手の結婚や気胸や福島千里選手との関係についても注目が集まっていますので取り上げていきたいと思います。

スポンサーリンク

山縣亮太は結婚してる?

山縣亮太選手は結婚しているかどうか注目が集まっているようです。

山縣亮太選手は結婚をされていません。

山縣亮太選手は物凄い競技力の高い選手の上にイケメンですので、当然女性からの人気も高いです。

それなのにも関わらず結婚をされていないということで意外に思っている方も多いようです。

山縣亮太選手が結婚をされていない理由についてですが、特にご本人は公表されていません。

もしかしたら、結婚願望が無いのかもしれませんね。

男性は結婚願望が無い方も多いですし、もしかしたら山縣亮太選手もそうなのかもしれませんね。

結婚されていないので、当然お子さんもいらっしゃいません。

山縣亮太選手は、日本トップクラスの身体能力を持ったスプリンターですので、お子さんが出来ればその子も物凄い身体能力持ったお子さんに育つかもしれませんね。

日本人最強の身体能力を持っていると言われているのは、ハンマー投げ日本記録保持者の室伏広治さんですが、室伏広治さんもアスリート同士の夫婦から生まれた方ですね。

身体能力は遺伝的才能も大きいと言われていますので、アスリートのお子さんは注目されがちかもしれませんね。

山縣亮太の気胸について

山縣亮太選手は、今年(2019年)気胸になられましたね。

6月20日に以下のようなツイートをされています。

気胸によって注目されていた日本選手権も欠場されましたね。

ちなみに気胸というのは、肺に穴が開いて肺から空気が漏れる病気です。

人によってはかなり大きな痛みをともなうようです。

治るまでの期間は症状の重さによって異なるのですが、軽度の場合は、1週間から3週間ほどで元に戻るようです。

山縣亮太選手にとって28歳で挑む来年の東京オリンピックはご自身の集大成になると思いますので、来年を見据えて無理をしないようにして欲しいですね。

特に4×100メートルリレーは日本は金メダル候補筆頭とも言われていますし、山縣亮太選手は一走を走るのではないかと言われていますね。

山縣亮太選手の持ち味は何と逸いても鋭いスタートなので、山縣亮太選手が一走を走るかどうかで日本の戦力は大きくかわるのではないかと言われています。

個人的には、山縣選手→小池選手→桐生選手→サニブラウン選手の走順が理想だと思います。

こんなにレベルの高いリレーメンバーは初めてですし、日本新記録は間違いないのではないかと思います。

日本チームがリレーで金メダルを取るなんて数年前までは考えられなかったことですし、日本の陸上界はかなり進化しているのでしょうね。

山縣亮太と福島千里との関係について

山縣亮太選手について調べていると、福島千里選手との関係について気になっている方が多かったようです。

一部では二人は交際しているのではないかという情報もあったようですが、どうやら交際はしていない可能性が高いです。

二人は同じセイコーホールディングスに所属しており、仲田健トレーナーの元二人でチームを組んでやっていらっしゃいます。

ですので、二人が凄く仲が良いのではないかとも言われているようです。

もし二人の間に子供が出来たりするととんでもない身体能力を持った子供になる可能性があるので、二人の交際を期待した方も多いようですが、どうやらそれはなさそうですね。

スポンサーリンク

まとめ

山縣亮太選手は、来年の東京オリンピックをとにかく大切に考えていらっしゃると思いますし、来年へ向けて無理はしないようにして頂きたいですね。

来年の東京オリンピックで日本のリレーチームは世界中から注目の的だと思いますし、ベストのパフォーマンスをして頂きたいですね。

山縣亮太選手のスタートは世界トップクラスであることは間違いないですし、山縣亮太選手が良いスタートを決めてトップでバトンパスをすれば日本の金メダル獲得の可能性はかなり高まると思います。

サニブラウン選手の後半の伸びは世界トップクラスだと思いますし、海外のトップスプリンターと走っても走り負ける事は無いと思います。

個々の能力が凄く高い状態ですので、パトンパスがきちっと決まればとんでもないタイムが出そうですね。

おすすめ記事はコチラ↓
設楽悠太は口曲がってる? 結婚した嫁や子供や啓太との見分け方は?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする