寺田明日香 【陸上】が日本新!画像や動画やプロフィールや経歴は?

陸上の寺田明日香選手が日本新記録を出されましたね。
寺田明日香選手は、女子100メートルハードルの選手で、凄く注目を集めているハードらーの一人ですね。

寺田明日香さんのプロフィールなどについて注目を集めているので取り上げていきたいと思います。

スポンサーリンク

寺田明日香 【陸上】のプロフィールや来歴について

プロフィール

選手情報
フルネーム 寺田明日香(現姓:佐藤)
愛称 あっすぅ、かぴばら
種目 100mH
所属 早稲田大学人間科学部人間情報科学科
生年月日 1990年1月14日(29歳)
生誕地 北海道札幌市
居住地 東京都内
身長 167cm
体重 50kg

寺田明日香さんは小学四年生の時から陸上競技を始められました。
小学生の時から、全国大会で活躍され、全国大会で二位に入賞もされました。

専門種目のハードルを始められたのは遅く高校からのようです。

100mハードルでインターハイ三連覇の偉業を成し遂げられました。

高校三年の時には、100mHだけでなく、100m、4x100mリレーも優勝され、三冠を達成されました。

また、13秒39の日本高校新記録も出されました。

高校卒業後は、北海道ハイテクACに所属され、高校の時と同じように中村宏之監督の指導を仰ぐ選択を取られました。

2009年には、アジア大会で5位にも入賞されました。

そして2013年に一度協議引退を表明されました。

翌年の2014年に一般の男性と結婚され、同年に女児出産もされました。

2016年には7人制ラグビーにも挑戦されましたが、2019年に陸上選手として復帰されました。

寺田明日香 【陸上】が日本新!

寺田明日香選手は、9月1日山梨・富士北麓公園で行われた富士北麓ワールドトライアルで12秒97の日本新記録を達成されました。

世界選手権の参加標準記録は12秒98ですので、世界記録の参加標準記録も突破されたことになりますね。

寺田明日香選手は、

「12秒台で走れたのはよかった。目指していた12秒98を0秒01でも超えられてうれしい」

と、コメントされていました。

寺田明日香選手の今までの自己ベストは13秒00でしたので、自己ベストを0.03も縮めたことになりますね。

0.03秒とは、一般的な価値観で考えると短いタイムかもしれませんが、陸上の短距離の選手からすると、物凄く大きな数字です。

5年ぶりに復活した陸上競技で、自己ベストを出して世界選手権の参加標準タイムも更新してしまうわけですから、寺田明日香選手の実力は恐ろしいところがありますね。

日本人初の100ハードル12秒台ですし、これぁらもどんどん自己ベストを伸ばしてほしいですね。

寺田明日香選手は現在29歳ですが、29歳で5年のブランクがありこれだけの素晴らしいタイムを出されたので、まだまだ速くなるかもしれませんね。

寺田明日香の日本新に対して世の中の声は?


などがありました。
やはり、陸上ファンや関係者の中ではかなり騒がれていました。

現在の陸上界について

現在の陸上界はかなりレベルが高いですね。

代表的なのは、男子のスプリントだと思います。

日本人に9秒台は無理なのではないかと言われていた時代もありましたが、現在は3人も9秒台を出されていますね。

10秒0台の自己ベストを持つ選手もたくさんいますし、9秒台の記録を出す選手はまだまだ増えるのではないかと思います。

東京オリンピックが楽しみですね。

東京オリンピックで男子の4×100メートルは金メダル候補筆頭と言われていますし、是非金メダルを出して欲しいですね。

スポンサーリンク

まとめ

寺田明日香さんはこれからも活躍を続けると思いますし、ケガだけには気を付けて欲しいですね。

年齢を重ねてくるとどうしても体の疲れが取れにくくなってきたり、ケガをしやすくなってきたりするので、体のケアも若い時以上にしていかないといけませんね。

寺田明日香さんは東京オリンピックでの活躍も期待されるので、是非世間を驚かすような活躍を見せて欲しいですね。

おすすめ記事はコチラ↓
根尾昂【中日】はイップス?成績や 両親の画像や病院も

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする