前澤友作の現金10万円を1万人に配る「ひとり親応援基金」の条件や詳細ついて

ZOZO創業者でスタートトゥデイ社長の前澤友作さんですが、現金10万円を1万人に配る「ひとり親応援基金」を公表されて話題になっていますね。

現金10万円を1万人に奪るわけですから10万×1万=10億円のものすごく壮大な企画ですね。

この企画の内容や詳細などについて注目が集まっているので取り上げていきたいと思います。

スポンサーリンク

前澤友作の現金10万円を1万人に配る「ひとり親応援基金」の条件や詳細ついて

前澤友作さんは、5月10日にご自身のTwitterを更新され、『前澤ひとり親応援基金』の創設を発表され、第1弾として「現金10万円を1万人のシングルマザー&ファザーに配ります」と明かされました。

前澤友作さんは以前も千葉県館山市に20億円を多額を寄付されていましたが、今回も10億円をシングルマザーとシングルファザーに配るということですので、かなり太っ腹な方ですね。

計30億円を自分の為に使うのではなく人様を幸せにするために使っていらっしゃるので、もの凄く良い方ですね。

やはり本当のお金持ちの方は、金銭的な感覚が一般の方とは全く違うのかもしれませんね。

ビジネスを長年成功されている方は「徳」を意識されている方が多いです。

「徳」とは、人の役に立ったりしたときに自分に溜まるものですね。

「徳なき者は必ず失墜する」と主張される方も多いですし、徳が無い方は人生破滅に向かっていく方も多いと思います。

前澤友作さんももしかしたらこの「徳」というものを意識をされて多額の金額を寄付されているのかもしれませんね。

今回の企画は多くの方が当然注目をされて応募が殺到しました。

応募が殺到しすぎて、アンケートページが一時停止になったようです。

10万円がもらえる可能性があるのですから、応募が殺到するのは当然のことでしょうね。

応募の締め切り日時は、5月15日のようです。

当然これからも物凄く多くの方が応募をされるのでしょうね。

一体15日までにどれくらいの人数の応募がかかるのか見ものですね。

10万円を配る1万人は抽選で決めるようです。

当選をされた方はかなりラッキーですね。

今回の企画は当然ものすごく反響が大きいようで、前澤友作さんもかなり株をあげたでしょうね。

日本ではなんとなくお金を稼いでいる方=悪いことをしているというイメージを持っている方も多いですが、前澤友作さんのように自分が稼いだお金も世のため人の為に使っていらっしゃるような方もいらっしゃるので、そのような方々がこれからもどんどん増えてくると良いですね。

世のため人のためにお金を使う人がお金持ちになっていくとどんどん世の中が良くなっていくのでそのような世の為人のためにお金を使うお金持ちの方が増えてこればよいですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回前澤友作さんがこのコロナショックの時にこのような企画をされるのは素晴らしいことだと思いますし、もっと前澤友作さんのような方が増えてこればよいですね。

お金は人のために使うとどんどん良いものが自分に返ってくるといわれているので、もっと世のためひとのためにお金を使う方が増えてほしいですね。

以前の20億円の寄付や今回の10億円を配る企画など前澤友作さんのイメージは個人的にも以前よりもかなり上がりましたし、今後も応援をしていきたいと思います。

前澤友作さんのように実力もあり人格もある方は今後も活躍を続けられると思いますし、今後も応援をしていきたいと思います。
おすすめ記事はこちら↓
押切もえの旦那さんの画像や年収は?昔の写真についても

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする