DeNA・森敬斗【桐蔭学園】はイケメン?兄やドラフトについても

森敬斗選手について書いていきます。

森敬斗選手は、横浜DeNAベイスターズからドラフト一位で指名され、現在は練習試合で活躍をされていますね。

森敬斗選手の持ち味と言えばフルスイングですので、プロ野球のレベルの高い世界でも小さくまとまることなく、フルスイングで挑んでほしいですね。

そんな森敬斗選手のイケメンの噂や兄などについて注目が集まっているので取り上げていきたいと思います。

スポンサーリンク

DeNA・森敬斗【桐蔭学園】はイケメン?

森敬斗選手がイケメンということで騒がれているようです。

森敬斗選手のイケメンの画像はこちら↓

どうでしょうか?

個人的にはかなりのイケメンに感じます。

森敬斗選手は実力のある選手な上にイケメンですので、当然女性からの評価はかなり高いでしょうね。

プロ野球で活躍すると高い年棒がもらえる上に人気や注目度も高まるので、頑張って良い奥さんをゲットしてほしいですね。

プロ野球選手で活躍している方でよい奥さんをゲットしている方は多いですし、森敬斗選手も良い奥さんをゲット出来るような方だと思うので、頑張ってほしいですね。

プロ野球選手で大きく活躍されている選手でものすごく良い奥さんをゲットされている方はかなり多いですね。

典型的な例では、イチロー選手の奥さんが有名ですね。

イチロー選手の奥さんは弓子夫人ですね。

弓子夫人はイチロー選手ですら、尊敬をするような方で、イチロー選手の活躍は弓子夫人によって支えられたと言って間違いないでしょうね。

例えば、弓子夫人はイチロー選手が毎日食べていたカレーを作っていたのですが、毎回同じ味、バランスでイチロー選手のカレーを作っていたようです。

イチロー選手は弓子夫人のサポートの姿勢について「僕よりもよっぽどプロ」とコメントをされていました。

ですので、イチロー選手ですら弓子夫人にはかなわないと思っているのかもしれませんね。

森敬斗選手はまだ18歳で結婚を考えるような年齢ではないと思いますが、結婚願望があるのであれば早いうちから良い女性と恋愛をしておいたほうが良いかもしれませんね。

森敬斗選手の今後の恋愛にも注目をしていきたいと思います。

ただ、独身でも活躍をしている選手も当然いるので、結婚を必要以上に急ぐ必要はないかもしれませんね。

森敬斗のドラフトについて

森敬斗選手のドラフトについて書いていきます。

森敬斗選手のドラフトについてですが、2019年ドラフトで横浜DeNAベイスターズからドラフト1位指名を受け入団をされました。

契約金は1億円、年俸は1000万円です。

打って走って守れるバランスの良さが持ち味の選手で、高校時代で遠投120m 50m5秒8のものすごく高い身体能力を持っています。

身体能力の高い選手は不器用な選手も多いですが、伸びしろがあるので、高い技術を身に着ければものすごい高いレベルまでいけますね。

ですので、現段階の実力よりも身体能力の高さ、素材の良さに注目をして指名をされる球団もありますね。

森敬斗選手は、ものすごい高い身体能力を持っている上に、年齢も18歳ですので、今後がものすごく楽しみな選手ですね。

伸びしろはまだまだ無限大だと思うので、のびのびと色々なことを試して頑張ってほしいですね。

森敬斗選手の高校時代の大きな大会での成績は以下のものです↓

かなり良い成績を残されていますね。

勝負強いバッティングが持ち味のようですし、今後も活躍に注目をしたいと思います。

スポンサーリンク

まとめ

森敬斗選手は高卒一年目で分からないことだらけで慣れないことだらけだと思いますが、少しづつプロの世界に慣れていって高い成績を残して欲しいですね。、

高卒一年目の野手の方が一番戸惑うのは、プロのピッチャーのストレートの質のようです。

高校野球のピッチャーの150キロとプロのピッチャーの150キロはスピードガンでは同じ速度だったとしても質が全く違うので、打ちにくさ、見にくさなどが全然違うようです。

プロの選手は口をそろえて、ストレートは速さ(スピードガンの)よりも質と答えるので、やはり質の良いボールはなかなか打てないのでしょうね。

質の良いストレートは、ボールのスピンの向きと回転数が違うようです。

質の良いストレートほどボールのスピンの向きが水平に近く、回転数が多いようです。

スピンの向きが水平に近く、回転数が多いストレートは、バッターから見て浮き上がって見えるようです。

プロ野球選手で速いストレートを投げる選手は数多くいましたが、歴代一位のストレートと呼び声が高いのは、藤川球児選手の全盛期のストレートという説があります。

藤川球児選手の全盛期のストレートはバッターが絶対にストレートが来ると分かっていてもかすりもしない選手が続出していました。

プロのバッターがストレートと分かっていながら当てる事すらできないわけですから一部で魔球と呼ばれていました。

個人的にも良く藤川球児選手のピッチングは良く見ていましたが、気持ち良いくらいバッターが空振りをしていました。

森敬斗選手はそのような質の良いボールにどこまで対応できるかが一つのポイントになりそうですね。
おすすめ記事はこちら↓
唐渡亮の現在や若い頃について!結婚相手【嫁】や子供についても

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする