田中恒成は井上尚弥並の強さ?戦績や井岡一翔戦や父親についても

田中恒成選手について書いていきます。

田中恒成選手は、井上尚弥と並ぶ日本最速タイ記録となるプロ8戦目での世界2階級制覇を達成されて注目を集めている選手ですね。

そんな田中恒成選手の強さや父親などについて注目が集まっているので取り上げていきたいと思います。

スポンサーリンク

田中恒成のプロフィールや戦績について

田中恒成選手の戦績は以下です↓

総試合数 15
勝ち 15
KO勝ち 9
敗け 0

今のところデビューから全勝をされて注目を集めていますね。

一度も負けずに世界二階級制覇を達成されたのはかなり評価が高いと思います。

田中恒成選手のプロフィールや来歴についても書いていきたいと思います。

本名 田中 恒成
通称 中京の怪物
Dream Boy
階級 フライ級
身長 164cm
リーチ 162cm
国籍 日本
誕生日 1995年6月15日(24歳)
出身地 岐阜県多治見市
家族 田中亮明(兄)
親戚 横井ゆは菜(従姉妹)
スタイル 右ボクサーファイター

幼稚園より空手を始められ、小5で兄とともに市内のイトカワジムで打撃を学ぶ目的でボクシングを始められました。

高校は中京高等学校に進み、元OPBF東洋太平洋スーパーフライ級王者石原英康が部長を務めるボクシング部に入られました。

1年で山口国体を優勝すると、2年でインターハイ優勝、国体2連覇、さらに選抜も優勝を果たし、高校4冠を達成されました。

まさに高校ボクシング界のエリート街道をひた走っていたようです。

国際大会でもアジアユースで銀メダル獲得されました。

インターハイ後は元WBC世界スーパーバンタム級王者畑中清詞さんが運営されているSOUL BOX畑中ボクシングジムに入門されました。

2013年9月22日に名古屋国際会議場にてB級プロテストを受験され、合格をされました。

高校四冠を達成された、田中恒成選手からすればプロテストの合格は容易いことなのかもしれませんね。

10月10日、当時在学していた中京高校で異例となる記者会見を開いたりもされていました。

プロデビューは2013年の11月10日で、WBO世界ミニマム級6位のオスカー・レクナファ(インドネシア)相手にプロデビュー戦をされました。

開始1分過ぎにすぐダウンを奪われ、3-0の大差判定でデビュー戦で勝利を納められました。

この試合の勝利によって日本ランキングでライトフライ級10位に入られました。

2014年3月16日には、WBAミニマム級12位のロネル・フェレーラス(フィリピン)相手にプロ2戦目の試合をされ、3-0の判定でデビュー2連勝をされました。

WBA世界ミニマム級14位にランクもされました。

2014年4月には中京大学に進学もされました。

その後怪物との呼び声が高い井上尚弥選手のデビュー戦の相手を務められたクリソン・オマヤオ選手と対戦もされました。

クリソン・オマヤオ選手相手にも強さを見せつけKO勝ちを収められ、評価をさらに上げられました。

田中恒成選手はこの試合の後に東洋太平洋ランキング1位にアップされました。

その年の10月30日に、後楽園ホールで大橋ジム所属の原隆二選手とOPBF東洋太平洋ミニマム級王座をかけて対戦をされました。

田中恒成選手は10回TKOで勝利を納められ、日本の男子ボクシング界最短となる4試合で東洋太平洋王座獲得をされました。

ちなみに井上尚弥選手は5試合で東洋太平洋王座獲得を達成されました。

翌年の2015年には、小牧市スポーツ公園総合体育館にてフリアン・イェドラス選手相手にWBO世界ミニマム級王座決定戦を行われました。

12回3-0(1者が115-113、2者が117-111)で見事大差判定勝利を納められました。

日本人最速となる5戦目で世界タイトルを獲得されました。

ちなみに田中恒成選手の前の最速記録は井上尚弥選手の6戦での獲得です。

井上尚弥選手ですら6戦かかっているので、5戦での世界王座獲得はまさに驚異的と言えると思います。

この試合で田中恒成選手の名は世界中に広まることになりましたね。

WBOの2015年6月度月間MVPにも選出されましたね。

その後2015年の大みそかに初防衛戦を行われましたね。

愛知県体育館でWBO世界ミニマム級4位でWBOアジア太平洋ミニマム級王者のビック・サルダール選手と対戦をされ、序盤からビック・サルダール選手がペースを握り、田中恒成選手は苦戦を強いられ、5回に右ストレートでダウンを奪われたりもしました。

しかし、次の6回に左ボディブローでダウンを奪い返しそのままTKO勝利を納められました。

劇的な逆転勝利によって見事初防衛戦を勝利で飾られました。

試合後のインタビューでは2階級制覇を目指すと宣言されました。

その後2016年の大みそかにはWBO世界ライトフライ級1位のモイセス・フェンテス選手とWBO世界ライトフライ級王座決定戦を行い、見事5回1分52秒TKO勝ちを収められました。

この勝利によって井上尚弥選手の持つプロ8戦目での二階級制覇を達成されました。

田中恒成選手は現在三階級制覇を目指されていますが、WBOは田中恒成選手をスーパーフライ級の1位にし、井岡一翔選手の持つWBO世界スーパーフライ級王座の指名挑戦者として認めると発表されました。

田中恒成は井上尚弥並の強さ?

田中恒成選手の強さについて現在パウンドフォーパウンドで上位に入っている井上尚弥選手と同じくらいの強さを誇っているのではないかと一部で言われています。

しかしながら、現時点では井上尚弥選手の方が一枚も二枚も上手だと思います。

井上尚弥選手は、現在軽量級では敵なしの強さを誇っていますし、以前のノニトドネア選手との試合は、まさに日本ボクシング史上最高の名試合だったと思います。

あの試合を見せられると、井上尚弥選手はやはり日本のボクシング界では別格の存在と言わざるを得ないと思います。

ただ、田中恒成選手もとてつもなく強い選手であることは間違いないと思います。

田中恒成選手は、現在15戦無敗ですし、これからもっと世界的に評価を上げていくためには世界的に有名な選手とのビッグマッチが必要となるでしょうね。

現在のボクシング界では、戦績やベルトの数や防衛回数ではなく、強い相手と戦って勝ったかどうかが評価される時代ですので、田中恒成選手がこれからどのような相手と戦って勝利を納めていけるかどうかが注目されますね。

とは言え、世界的に有名な選手は戦いたい選手も多いですし、そう簡単に戦えるものではありません。

ボクシングは年間3~4試合程度しか出来ませんし、若い時から世界のトップクラスの選手と戦える選手はなかなかいないので、世界のトップクラスの選手から試合をしたいと思われるような試合をしていく必要があるのかもしれませんね。

田中恒成の井岡一翔戦について

田中恒成選手は次回の試合で井岡一翔選手と戦うのではないかと言われています。

2020年2月5日にWBOは田中恒成選手をスーパーフライ級の1位にし、井岡一翔選手の持つWBO世界スーパーフライ級王座の指名挑戦者として認めると発表をされました。

ですので、順当にいけば、田中恒成選手は次回井岡一翔選手と戦うことになると思います。

二人の試合にはかなり大きな注目が集まりますね。

井岡一翔選手は本人男子初の世界4階級制覇王者ですし、世界的にも有名な選手だと思います。

そんな井岡一翔選手を田中恒成選手が圧倒するようなことがあれば、田中恒成選手の評価は世界的に一気に上がると思います。

この試合の予想には様々な意見がありますが、個人的には井岡一翔選手の僅差判定勝利かなと思っています。

現段階では井岡一翔選手が一枚上手だと思います。

この二人の試合についてですが、田中恒成選手からすれば自分の名前を広めるチャンスとも言えるので、試合の実現に対して積極的な姿勢を持っていると言われていますが、井岡一翔選手はあまり乗り気ではないとも言われています。

井岡一翔選手からすれば自分より年下の勢いがありの実績のない若い選手と戦うのはリスクの割にリターンが少ないと考えることも出来ますね。

ただボクシングファンからすれば是非見てみたい試合ですので、実現してほしいですね。

スポンサーリンク

田中恒成の父親について

田中恒成選手の父親について注目が集まっているので取り上げていきたいと思います。

田中恒成選手の父親は、田中斉(ひとし)さんと仰います。

田中斉さんは、柔道の黒帯を持っていると同時に、元腕相撲の日本王者という経歴もあるようです。

また、空手のトレーナーの資格とボクシングのトレーナーの資格を持っているようです。

田中恒成選手の指導もされているようで、田中恒成選手の活躍は、父親の田中斉さんの遺伝子と指導力に支えられていると言っても過言ではないかもしれません。

また、田中恒成選手にはお兄さんもいらっしゃいます。

田中恒成選手のお兄さんもボクシングをされているようです。

名前は田中亮明さんと仰います。

アマチュアの世界で戦っているようで、現在は中京高校で教員として働きながらボクシングされているようです。

2015年には「日本選手権」で優勝もされました。

「リオ五輪テストイベント(プレ五輪大会)」では日本人ボクサーとして40年ぶりの金メダルを獲得もされました。

リオオリンピックへの出場は惜しくも逃してしまったようですが、田中亮明さんはアマチュアの世界で世界一を目指しているようです。

田中亮明さんは田中恒成選手に負けないくらい高いボクシングの才能を持った方なのかもしれませんね。

まとめ

田中恒成選手はこれからもどんどん強くなっていく選手だと思いますし、今後目が離せないボクサーですね。

個人的には井岡一翔選手との試合が見てみたいですし、いずれは井上尚弥選手との試合が見てみたいです。

井岡一翔選手と田中恒成選手の試合が実現すればもの凄く良い試合になると思いますし、日本のボクシング史に残るような名勝負になる可能性も十分あると思います。

田中恒成選手の今後について注目し、何かあればまた取り上げていきたいと思います。
おすすめ記事はこちら↓
井上尚弥とギジェルモ・リゴンドーが戦う可能性は?予想は?動画も

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする