1000円どん兵衛の具材は何?写真や画像は?

1000円どん兵衛について書いていきます。

1000円どん兵衛は「日本一お高いカップ麺」とうたった特別なカップ麺です。

前橋市大手町3丁目の遊園地「るなぱあく」で販売されました。

1杯1千円で50食限定で販売されました。

朝早くから行列が出来たようで、家族連れの方などにもすごく人気のようです。

1000円どん兵衛の具材や写真などについて注目が集まっているので取り上げていきたいと思います。

スポンサーリンク

1000円どん兵衛の具材は何?写真や画像は?

1000円どん兵衛の写真はこちらです↓

かなり豪華な具材が使われていますね。

具体的には、群馬県ブランド豚の『赤城ポーク』を使用した『醤油タレ煮込み豚バラ肉』や群馬県で採れた『吉岡産/キャベツ』『上野村産/生しいたけ』『下仁田産/長ねぎ&こんにゃく/』『吉岡産/にんじん』、そして出汁が染みてる『ジューシーおあげ』などが使われています。

かなり豪華な具材が使われており、カップ麺とは無縁な豪華な感じがあるのが注目を集めているのでしょうね。

この1000円どん兵衛が売られているのは、前橋市の遊園地「るなぱあく」なのですが、この「るなぱあく」は10円で動く木馬の遊具があるるなぱあくが「日本一安い遊園地」と呼ばれています。

日本一安い遊園地で日本一高いカップ麺を売るというギャップを作ることによって話題にしようとしたのでしょうね。

この作戦は、たくさんの人の話題を集め、多くの方から高く評価をされているようです。

日清食品の三井利宏ブランドマネージャーは今回の企画について、

「イベントは大都市で開くことが多く、群馬は未開拓だった。関東一のうどん県の子どもたちに、どん兵衛の味を覚えてもらいたい」

とコメントをされていました。

どん兵衛の味について

どん兵衛の味について書いていきます。

どん兵衛の味は関西と関東で違うのはご存じでしょうか?

関西で売られているどん兵衛は関西人の味覚に合うように、関東で売られているどん兵衛は関東人の味覚にあるように作られています。

関西の方は昆布だしが主体で、味が薄味です。

関東の方がかつおだしが主体で、味が濃い目のようです。

地域によって味を変えるのもこだわりの一つでしょうね。

商品について拘った分だけお客さんの満足度は上がると思うので、これからも商品にこだわり続ける姿勢は貫いてほしいですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回の企画は、1000円どん兵衛を日本一安い遊園地で売るというもので、かなりユニークで面白いと思いましたし、個人的にもナイスアイディアだなと感じました。

今回の企画はマーケティング戦略としてかなり良いと思いましたし、他の分野のマーケティングにも参考になるのではないかと思いました。

個人的にも1000円どん兵衛を食べてみたいと思いましたし、今の時代は、話題性のあることをすると、SNSで一気に拡散されて日本中に広まる時代ですので、話題性やユニーク性がこれからの時代のカギを握るのかもしれませんね。

おすすめ記事はこちら↓
鈴木杏樹と喜多村緑郎の写真や画像は?体調不良についても

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする