野田聖子の息子はハーフ?現在は何してる?夫の画像は?会津小鉄会の韓国人?

野田聖子さんについて書いていきます。
野田聖子さんは、2月2日にご自身のブログを更新され、息子さんの長男が、気管切開されていることを明かされ、マスクだけでは守れないと新型コロナウイルス対策に頭を悩ませていることを記されました。

そんな野田聖子さんですが、息子さんや夫について注目が集まっているので取り上げていきたいと思います。

スポンサーリンク

野田聖子の息子はハーフ?現在は何してる?

野田聖子さんの息子さんについて書いていきます。

野田聖子さんの息子さんは、真輝(まさき)くんと仰います。

真輝(まさき)くんの生年月日は、2011年の1月6日で、野田聖子さんが50歳の時に誕生をされました。

実は生まれる前から真輝くんには心臓と肝臓の異常が判明していたようで、生まれて間もなく「胃ろう」という、胃に栄養を送り込むチューブをつける手術が行われることになったようです。

また、肝臓が体外に出ている「臍帯(さいたい)ヘルニア」の手術や、食道と胃が分離する「食道閉鎖症」手術もされていたようです。

生まれてすぐにたくさんの手術が行われることになったので、母親の野田聖子さんからすればかなり不安な思いをされたでしょうね。

また、心臓も、心臓に繋がる血管が普通は日本あるところを一本しかない「極型ファロー四徴症」という病気も抱えていたようで、これは最低でもい二回は手術が必要な病気のようです。

その手術の一回目の後に呼吸が止まってしまい、約三分後に蘇生をしたものの、「右手・右足に麻痺」が残ってしまったようです。

また、後日検査をしてみると、脳梗塞や肺炎もあったようで、常に命の危機と戦っていたようです。

野田聖子の高齢出産や人工授精について

野田聖子さんのお子さんの真輝(まさき)くんは生まれながらにして様々な病を抱えていらっしゃったわけですが、その理由としては、野田聖子さんの高齢出産や人工授精があるのではないかと言われています。

野田聖子さんは50歳で出産をされたわけですが、実は40歳の時にお子さんが欲しいと思われたようです。

しかしながら残念ながら自然妊娠が難しい状態だったようで、不妊治療を14回ほどしてきたようですが、残念ながら妊娠はかなわなかったようです。

10年後の春、野田聖子さんは卵子提供が法律的に認められている、アメリカ・ネバダ州へ行かれました。

そこで、夫の方の精子とアメリカ人の卵子を体外受精させ、自身の子宮に戻し妊娠をされました。

人工授精ではなく体外受精をされたということですね。

人工授精(体内受精)というのは、卵子を女性の身体の中に残したままで、体外に取り出すことはしません。

次に野田聖子さんの子供の現在について書いていきます。

野田聖子さんの子供の現在は、小学生をされています。

東京都立青山特別支援学校で、小学校と中学校の9年間を過ごす予定のようです。

右足の麻痺の影響などもあって、立つことや歩くことも出来ないかもしれないといわれていましたが、3歳半には自力で歩けるようになったようです。

幼児期には、野田聖子さんは看護師を雇って子供を保育園へ通わせていたようです。

野田聖子の夫の画像は?会津小鉄会の韓国人?

野田聖子さんの夫について書いていきます。

野田聖子さんの夫は、野田文信さんですね。

野田文信さんについて調べていると、前科ありという情報がありました。

2犯あり、1件目は「私文書偽造罪」というものでした。

次に、2件目「優先電気通信法違反」です。

会津小鉄会とは、暴力団ですね。

野田文信さんの現在の職業について調べてみたのですが、専業主夫をされているようです。

生涯のある息子さんと、うつ病を患っていらっしゃる義母さんの介護をされているようです。

普通のご家庭は、奥さんが旦那さんの仕事をサポートするのが一般的だと思いますが、こちらのご家庭は、野田文信さんが野田聖子さんのサポートをされているような感じなのでしょうね。

スポンサーリンク

まとめ

野田聖子さんはこれからも子育てと仕事の両立を頑張ってほしいですね。

子供をしっかりと成人させるのは親の大きな仕事だと思いますし、真輝くんが成人するまでは頑張らないといけませんね。

野田聖子さんの今後の活躍に期待し注目をしていきたいと思います。

また、お忙しいと思うので体調だけには気を付けてほしいですね。
おすすめ記事はこちら↓
沢尻エリカの代役候補の本命は誰?別に騒動の理由や司会者についても

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする